フォーエバー現代美術館

September 10, 2017

 

 


フォーエバー現代美術館。


美術館の前には大きな黄色い南瓜が置いてあって、

不意にジンしたのは1枚目の写真の直筆のやさしい言葉。

「私の大好きな黄色の大きなカボチャ。」
「みんなで一緒に歌おう。」
「永遠のかぎりもない宇宙の中で、せい一杯の力をこめて、求道をはしってゆこう。どこまでも。」

 

芸術に明るくなくて好き嫌い以外の楽しみ方を知らないけど、

色んな色や形が飛び交っていたなかで好きってなった

パステルカラーの「靴をはいて野にゆこう」。

めっちゃ可愛いって思った。

 

なんかさ、全体を上手に言葉にまとめようとすると

「繊細でふるえる魂が詰まってるのに力強てチャーミング。」

みたいな支離滅裂な感想になってしまいがちなので、

展示のなかでも好きなものだけ集中してみるようになってる。言葉、苦手。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload