1/13 終わらせたひとつの夜の為に ラブレターをしたためる頃 誰もがとてもひとりぼっちで 物語を越えていくことを躊躇してる